自動車の合宿免許の値段を安くするさまざまな方法

合宿免許を利用すれば、安く自動車免許を取得できますが、さらに安くなることを望む方もいるでしょう。その場合は、しっかりと情報を収集してから通う教習所を選べば、通常よりもお得に合宿免許を活用できます。ほとんどがインターネット上で調べられる情報なので、合宿制か通学制か迷っている方は、とりあえずでも調べてみましょう。

たくさんのメリットがある合宿免許

自動車免許を取得するなら『合宿免許を利用するのがおすすめ』だと聞いても、いまいちピンとこない方もいるでしょう。もしも、お得感を知りたいのなら、単純に通学制と合宿免許の費用を調べてみるとよいです。それぞれの値段を比較しただけでも、5万円程度の差があるのが分かるため、合宿免許がお得なのがすぐに理解できます。

しかし、合宿免許をおすすめできる理由は、値段がお得なことだけではありません。通学制は取得まで時間がかかりますし、施設に行くまでの交通費だって毎回発生します。ですが、合宿免許を利用すれば、半月あれば取得ができて、交通費も施設までの往復分を支払えばよいだけです。

しかも、さらに安くする方法まであるので、自動車免許を取得したいと考える方が半月程度の休みを取れるなら、合宿免許を検討しましょう。

MTとATのどちらの免許を取るか決める

自動車の運転操作のシステムは、MT(マニュアルトランスミッション)とAT(オートマチックトランスミッション)に分かれていて、それぞれの難易度はかなり違います。ATのほうはシフトを片手で操作するだけで運転できるようになっているシステムで、足下にはブレーキとアクセルしかつないため片足しか使いません。

シフトをドライブに入れて、アクセルを踏めばよいだけなので簡単に運転ができます。もう一方のMTは、クラッチペダルの操作が必要になるため、両足を使って運転することになります。しかも、シフトの操作を頻繁に行うため、ATよりもずっと難易度が高いといえます。

運転操作の難易度が高いということは、それだけ技術の習得に時間がかかるということなので、ATよりもMTのほうが教習時間が多く取られています。したがって、合宿免許でもMTのほうが取得する値段が高いです。もしも、MTを運転する機会がないと考えているのなら、ATの自動車のみ運転できるようになるAT限定の免許を選択することも考えましょう。

AT限定ならば、MTよりも2万円弱安い値段で運転免許を取得できます。なお、AT限定で運転免許を取得したとしても、教習所で追加の技術教習を受ければ、後から解除することが可能です。ただし、解除するためには5万円程度かかってしまうので、自身がこれから運転する自動車をよく考えてから、AT限定かMTかを選ぶことが大切です。

ちなみに、最近ではCVTというシステムの自動車をよく見かけますが、こちらはATの仲間となっています。そのため、AT限定の免許でも、問題なく運転ができるので安心しましょう。そして、ほかにもいくつかのシステムがありますが、クラッチペダルの操作が必要なのはMTの免許が必須で、必要ないものはAT限定で運転できると覚えておくとよいです。

割引制度を確認すること

合宿免許を行う教習所はたくさんの割引制度を用意してくれているため、それらを組み合わせて活用すれば、ただでさえ安い値段をさらに安くすることが可能です。教習所によって用意されているものは異なるので、それぞれをしっかりとチェックして、格安で運転免許をゲットしてしまいましょう。

お得な割引制度を簡単に確認できるのが教習所のホームページですが、そこで最初に見るとよいのが、いつでも利用できる割引制度です。専門学校や大学などに通う方が利用できる学割や、2人以上で申し込むと利用できるペア割りやグループ割りなどがあります。

そして、次に確認すべきなのが、利用できる時期が決まっている割引制度です。早めに申し込むことで適応される割引や、誕生日がある月だけ割引されるものがあるので確認してみましょう。これらの割引制度は、適応される条件が厳しく決まっているため、恩恵にあずかりたい場合はしっかりと注意事項を読んでおくべきです。

もしも、自身に適応されるか疑問に思うのなら、損をしないためにも、教習所に問い合わせてスタッフに質問してみましょう。

『免許を確実に取得したい!千葉県でおすすめの合宿免許』

申し込む時期を考える

合宿免許を利用して、短期間で安く運転免許を取ろうとしている学生は多くいます。そのための期間として利用されるのが、大学や専門学校にある長期の休みです。その期間は値段を高く設定していても、人を呼び込めるため、合宿免許の値段はあまり安くはありません。

逆に考えると、学生の長期の休みにかぶっていない時期は、人を集めるのは難しいので値段はグッと下がっています。したがって、安い値段で合宿免許を利用したいなら、学生が利用しにくい時期を選ぶのが賢い選択でしょう。

なお、各教習所では、合宿免許を開催するスケジュールを公開しているため、日程と値段はすぐに確認できます。そちらを見れば、シーズンによって値段に差があることは一目瞭然なので、わざわざ学生の夏休みや冬休みの時期を調べる必要はありません。

ただし、学生が利用しにくい時期だからといって、予約が一杯にならないとはいえないです。

そのため、参加したい日程が決まったのなら、早めに合宿免許に申し込むようにしましょう。

『合宿免許を選ぶときに重要なスケジュールの確認』

交通費も重要な要素

合宿免許は住んでいるエリア以外の都道府県にある教習所を利用する決まりがあるため、結構な距離を移動しなければいけない可能性が高いです。つまり、講習を受ける値段にプラスして、交通費がかかるのを知っておかなければ、思わぬ出費になってしまいます。

そのため、通いたい教習所を見つけたら、そこに行くまでのバスや電車などの交通費を調べたほうがよいでしょう。現在では、インターネットを使えば、交通費に加えて最短のルートさえも簡単に調べられます。なお、教習所によっては、往復の交通費を支給することで、お得感を出しているところもあります。

しかし、そのようなところは、全体の値段に交通費が含まれているのを忘れてはいけません。場合によっては、交通費を自分で負担して、支給のない教習所に通ったほうが安くなる可能性があります。もちろん、交通費の支給で本当にお得になるところもあるので、教習所を決める場合は、免許を取得するまでのすべての金額を計算しましょう。

関連情報《合宿免許HUNTER > 車の免許合宿